08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
方法5 「おはよう」「ありがとう」「おつかれさま」を出来るだけ言う。
08.01.2011.Sat / comment:0 / trackback:0 / 人見知りを治す方法
 
そう、一言で言うと、あいさつしようってことね。
そして、感謝の気持ちをきちんとあらわそうってことね。

私達は人見知り。

ともすると、下ばかり見て、人の顔を見ないようにして、人との接触をなるべく避けてしまう。

そのことで、何が起きるか。

●目には目を。。。方式で、「無視には無視を」という循環が起きる。
●よって知り合いレベルの人に、「味方」「友達」として認識してもらう可能性が低まる。
●まわりの人の感情や状態に気づきずらくなる。よって、不適切な発言などをしてしまう可能性が高まる。


そして、あいさつやら、感謝の気持ち、慰労の気持ちを表現してみると。


●ちゃんと「人」として認識していることが、相手に伝わり、自分も「人」として認識してもらえる。
●よって知り合いレベルの人が、「味方」「友達」になりやすくなる。
●まわりの人の体調の悪さや、フォローが必要な状態などに気づきやすくなり、人への貢献のタイミングをつかみやすくなる。また、意識しない無神経な言動が減る。
●もしも普段から人見知りで愛想が悪いことで、誤解されがちであっても、きちんと感謝や慰労の気持ちを表現することで、リカバーできる可能性が高まる。


そういうもんじゃない?
「なんだよ、もう。ひでえな。」ということがあったとしても、
「迷惑かけました。文句一つ言わずにやってくれてありがとう。」とか、
「いつもがんばってて、えらいね。お疲れ様」とか言われたら、
「まあ、許してやるか。」とか「へへへ。それぐらい仕事だからやりますよ。」
と思うこともあるしね。

本当は、自分から声をかける「おはよう」が一番大事なのかもしれないけど、
それはハードルが高いのであれば。

何かきっかけがあったさいに、しっかりと照れずに目を見て「ありがとうございます」と言う事。
そのほうが大切かな、と思う。

あとは、あいさつに関しては、わざとらしくてもいいと思うんです。
別に自然じゃなくてもさ。

機械的な習慣にしちゃったとしても、気持ちよい挨拶になると思う。

そうじゃない?

お店に入ってさ。
「ありがとうございました」とか、気持ちがこもっていれば、そりゃ一番だけど、
こもってなくても、大きな声でしっかりといわれれば、言われないよりよほどいいよね。


だから、もう、機械的にやること。
それで、あなたのまわりの世界は変ると思う。

人は、どうしたって、言葉に支配される。
心に思っていなかったとしても、「ありがとう」「おつかれさま」
言い続けていれば、その言葉の意味合いに、私達は助けられ、いい影響を受けていく。

だって、そうでしょう。
たとえあなたの言葉に心がこもっていなくても「ありがとう」といわれた人は、
「その言葉を口にした」という一手間、その行為に対して、あなたを認める。
その小さな好意は、少しの好意的な態度として、絶対にあなたに返ってくる。
それは、雪だるまのように、少しずついい循環となっていく。

魔法の呪文の力を借りよう。
スポンサーサイト
 
   


 内緒にする
♪ http://hitomishiri100.blog136.fc2.com/tb.php/8-e64201fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。